3月 JAFモータースポーツニュースダイジェストvol.96 レース・レーシングカート

Read Time:13 Second

毎月15日頃、日本国内四輪モータースポーツの「イマ」を発信する『JAFモータースポーツニュースダイジェスト』!
3月は2021年シーズンを振り返る、シーズンダイジェストの最終回。スーパーGTと、全日本カート選手権の3部門をプレイバック。
スーパーGTは最終戦までもつれ、大逆転でチャンピオンが決まったGT500。GT300もやはり最終戦で決着、四半世紀の苦労が実り、悲願のチャンピオンを獲得。
全日本カート最高峰のOK部門では成長著しい若手たちが躍進。しかし“絶対王者”が苦戦の中、ベテランらしい“いぶし銀”のレース運びでチャンピオンを奪還。
OK部門を目指すドライバーたちがしのぎを削るFS-125部門では、国外でウデを磨いたルーキーがその成果を存分に発揮して、デビューイヤーで王者に輝きました。
ホビーカーターと若手による群雄割拠のFP-3部門では、東地域を圧倒的な速さで制した15歳のルーキーが、東西統一競技会でもその速さを見せつけてチャンピオンに。
シーズンをとおしてチャンピオンを争う激戦が毎レース繰り広げられた、2カテゴリーの2021年シーズンを振り返ります。

【リンク】
1:56~[ダイジェスト]スーパーGT:GT500・GT300ともに最終戦まで王座を争…

 38 total views,  2 views today

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Previous post 【とんねるずのスポーツ王は俺だ!!2018夏の決戦スペシャル】松井秀喜 過去のホームラン~今年は?
Next post スポーツの力 東北楽天ゴールデンイーグルスJr. 藤原穂泉 2022年12月6日放送分