• ホーム
  • 低GI値食品と置き換えダイエット|ゼニカルの注意点

低GI値食品と置き換えダイエット|ゼニカルの注意点

低GI値の食品のメリットは、血糖値の急上昇を防げることです。
血糖値が急上昇してしまうと、血管や神経に大きなダメージを与える恐れがあります。
普段はそうならないようにすい臓からインシュリンが分泌されて一定のブドウ糖量を保つようになっていますが、すい臓が酷使されるとこの機能がうまく働かなくなる危険性があります。

糖尿病の人はこの状態が続いて、いずれ血管や神経がボロボロになっていきます。
そこまでいかなくても、血糖値が高いとインシュリンが大量に分泌されて、脂肪細胞にブドウ糖を溜め込んで肥満を生じさせます。

低GI値の食品は、血糖値の急上昇を抑えることでインシュリンの分泌を緩やかにしてくれます。
例えば、白米よりも玄米、うどんよりもそば、などが血糖値を上げにくいので、低GI値の食品と言えます。
どちらを食べるかで迷ったら、積極的に低GI値の食品を選ぶようにしましょう。

置き換えダイエットはこれとは違った方法で、普段の食事をダイエット効果のある食事に置き換える方法です。
例えば、朝バナナダイエットは朝食をバナナに置き換える、夜トマトダイエットは夕食をトマトに置き換える、という方法をとります。

置き換えダイエットは3食置き換えてしまうと栄養バランスが偏る可能性があるので、気をつけるようにしましょう。
なるべく歯ごたえのあるものを選ぶと成功しやすいです。

ゼニカルは、薬を使ったダイエット方法です。
薬といっても怪しい薬ではなく、医療機関でも処方されている薬です。
脂肪吸収を抑制させる作用があり、脂質の吸収のみを抑えます。
炭水化物とタンパク質のカロリーはそのまま吸収されるので、その点は注意が必要です。
また、脂質と一緒に脂溶性ビタミン(A・D・E・K)が流れ出してしまうのにも気をつける必要があります。