更新履歴
運動している肥満の人

日本ではダイエットに効果的な薬としてメディアで取り上げられ、注目を集めることになったゼニカルは、海外では一般的に用いられる肥満治療薬です。
アメリカのFDAを中心に世界各国で承認され、販売、処方されていますが、日本では認可されていないため、通常の購入方法で入手することはできません。
輸入を認められた美容外科などで、肥満治療として処方されることはありますが、健康保険は適用されず、自己負担による出費となるので、価格も高く非常にハードルの高い購入となります。
しかし、医師の処方箋がなくてもインターネットから個人輸入代行サイトを利用すれば、海外から医薬品を取り寄せて入手することができます。
通販サイトでゼニカルを買うことは容易で、利用者も年々増えています。
病院へわざわざ行く手間を煩わしいと感じる人や余裕がない人には便利な世の中になったということでしょう。

また、ゼニカルは先発医薬品となっているので高価な薬となっていますが、同じ成分を使用して製造コストを下げたジェネリックであれば、薬代を抑えてお得に購入することが可能です。
ゼニカルの人気が高いためか、世界中で流通しているゼニカルジェネリックの種類は多く、すでに2桁を超えています。
人気のあるジェネリックはオルリファスト、オベリット、ビーファットなどがあり、安いものならゼニカルの10分の1の価格まで安くなっています。
ジェネリックだから効果が薄い、安全性がないといったことはなく、同じ成分を使用しているので基本的な効果は変わりませんし、偽薬を掴まされることさえなければ安全性も保証されています。

ただし、稀にジェネリックだとしても有効成分の配合量を調節し、少なめにしたり逆に多めにしているものもあるため、若干の違いが出ることもあります。
ゼニカルは有効成分のオーリスタットが60mgとなっていますが、半分の30mgとなっている商品もあるので、同じ効果を期待するなら内容量をしっかりと確認しておきましょう。