【ヤクルト】山田哲人&村上宗隆 昨シーズン苦しんだキャプテンと四番がアベックホームラン!

Read Time:25 Second

<2024年3月17日 オープン戦 オリックス 1-6 ヤクルト @神宮球場>

昨シーズン自己ワーストの打率に終わるも、今年は新たな感覚を掴みつつあると話すヤクルト・山田哲人(31)。

オープン戦でも打率3割7分越えと、好調をキープする中、今日も結果を出す。

昨シーズン苦しんだキャプテンが、まずは豪快な一発を放つ。

こちらも、去年からの巻き返しを図る4番・村上宗隆(24)。

1、2打席目凡退に倒れるも迎えた3打席目。

試合の中で見事な対応力を見せ、もう少しで場外の一撃。

山田と共に昨シーズン苦しんだ主砲コンビが今年はチームを王座奪還に導く。

■責任投手
【勝投手】ヤフーレ(1勝1敗)
【敗投手】田嶋(0勝1敗)

■バッテリー
【オリックス】田嶋、齋藤、井口、マチャド ‐ 石川
【ヤクルト】ヤフーレ、石原、清水、エスパーダ、大西、木澤 ‐ 中村、鈴木

■本塁打
【オリックス】
【ヤクルト】山田 2号(1回ソロ 田嶋)、サンタナ 1号(2回ソロ 田嶋)、村上 2号(6回2ラン 齋藤)、西川 1号(7回2ラン 齋藤)

▼チャンネル登録よろしくお願いします▼
https://www.youtube.com/tvtokyo_sports

【みんなのスポーツ】
「みんなのみたいをスポーツでつ…

 58 total views,  4 views today

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Previous post セントラルスポーツ スイミングスクール黄色帽子練習紹介
Next post タイトル未定/森しお