【巨人】救世主現る!?3年目・秋広優人 連日の躍動で連勝!|4月23日 ヤクルト 対 巨人 プロ野球

Read Time:18 Second

<2023年4月23日 ヤクルト 3-7 巨人 @神宮球場>

プロ野球 ヤクルト 対 巨人の試合が23日に神宮球場で行われ、負ければ最下位転落となる巨人が7対3で勝利した。

試合は2回、巨人の4番・岡本和真(26)が2号ソロホームランを放ち巨人が先制する。4番の一打で火がついた巨人打線。大城卓三(30)が2ベースヒットでチャンスメイクすると、打席には前日プロ初安打&初打点を記録した、期待の若手・秋広優人(20)。「何とか食らいついた」と、2試合連続となるレフト前タイムリーを放った。成長著しいバットで巨人がリードを2点に広げる。

ブレイクを予感させる中、4回に迎えた秋広の第2打席では逆方向へレフト前ヒット。コースに逆らわないバットコントロールを披露した。

6回、若手の活躍に5試合ぶりスタメン復帰の坂本勇人(34)も奮起。長嶋茂雄氏に並ぶ球団歴代2位タイ、通算418二塁打を記録した。坂本が広げたチャンスで秋広が第3打席を迎える。プロ初ホームランとはならなかったが、犠牲フライでこの日2打点目。低迷する巨人の救世主へ名乗りを挙げた秋広。巨人が連勝となった。

■責任投手
【勝投手】横川(1勝2敗)
【敗投手】吉村(0勝1敗)
■バッテリー
【巨人】…

 322 total views,  2 views today

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Previous post ヒト脂肪幹細胞培養液が頭皮や毛髪ケア!!【SHEE+スカルプバイオリポセラム】
Next post 入金が早く、副業で月10万の所得も目指せる「Uber攻略ガイド」